ホーム > 講座・イベント > 講座・イベントの報告 > ものづくり講座

募集中の講座・イベント

男の料理教室
かごバック作り講座

ものづくり講座

 

◆ 陶芸教室 ◆  平成30年5月23

 

 小石原の窯元マルワ窯に行き陶芸体験をしてきました。

今年度から、サークルに移行していきます。メンバーも新しい方も加わり永く受講されている方は新しい方に色々アドバイスする風景もあり和やかな様子でした。

 また、何度も体験されている方は、レベルが上がっていてとても参考になりました。

皆さん作る楽しみ、使う楽しみを考えながら陶芸を他の楽しんでありました。

作品は次回の陶芸教室の時に出来上がってきます。とても楽しみですね!

 

 

陶芸1.jpg

15名の参加でした。

 

陶芸2.jpg

大皿作成中!

 

陶芸3.jpg

ロクロ体験中!

陶芸4.jpg

完成出来上がりが楽しみです。

   

 

◆ 陶芸教室 ◆  平成30年1月26日(金)

 

今年度最後の陶芸教室は絵付けでした。

参加されたみなさんは思い思いにお皿に絵柄を描かれていました。

前もって考えてこられた方、その時に思いついたまま描かれている方など様々でしたが、素敵な絵皿が並びました。

ただひとつしかない自分だけの作品を作る楽しみ、周りの方の作品を眺める楽しみを味わいながら楽しい時間を過ごされていました。

 

長い間続いてきたひまわり館主催の陶芸教室は次年度より自主サークルとして活動していきます。これまでと変わらずマルワ窯の太田先生よりご指導いただきます。

5月・7月・9月・11月・1月の全5回、第4水曜日活動予定!

只今、サークル生募集中です。

 

1陶芸.jpg

前回の作品

 

2陶.jpg

太田先生より説明がありました

 

4陶.jpg

お皿に絵柄を写していきます

3陶.jpg

絵付けの様子

   

 

◆ ボタニカルライフ講座「お正月の寄せ植え」◆  平成29年12月15日

 

ボタニカルライフ講座の3回目はお正月用の寄せ植えを作りました。

前回のスワッグ作りから引き続き上原さんに講師をお願いしました。

 

まずは飾り作りです。水引きのヒモを少しずつずらして三重に巻き、飾りをグルーガンで着けると、あっという間に素敵な飾りが出来上がりました。みなさん大喜びでした!

 

次に、植える時のポイントや注意点などを教えていただいた後は鉢に植えていきます。お正月用の花として代表的な葉牡丹をはじめ、シクラメン、ゴールドクレスト、パンジー、ビオラ、ジュリアンなど7種類8個の苗を鉢に植えていきました。どんなデザインにするか悩みながらもお互い相談しながら楽しそうに手を動かされていました。

 

お正月の寄せ植えや飾りは年神様をお迎えし、旧年中を無事に過ごせたことを感謝する意味もあるそうです。自分達で作った寄せ植えをご自宅の玄関に飾り、どうぞ良い年をお迎えください。

 

 

2寄せ植え.jpg

 

水引きで飾りを作りました

 

 

 

 

 

4寄せ植え.jpg

 

グルーガンで更に飾りをプラス!

 

 

 

 

1寄せ植え.jpg

 

鉢に苗を植えていきます

3寄せ植え.jpg

 

素敵な寄せ植えが完成!

   

 

◆ ボタニカルライフ講座「X’masスワッグ作り」◆  平成29年12月2日(土)

 

クリスマスの飾りとしてリースと共に年々人気が出てきているX’masスワッグ作りの講座を開催しました。

スワッグとは、ドイツ語で「壁飾り」という意味です。

薩摩杉やヒバなどの常緑樹、バラやピぺリカムなどの花や実、白くて可愛いコットンフラワーなどを使い、順に重ねて束にしていきます。

 

講師の上原さんよりそれぞれ材料についての説明がありました。

常緑樹は生命の象徴として魔除けになり、緑色は農作物の繁栄、赤色はキリストの血の色で愛、白色は純粋な心を表すそうです。

みなさんそれぞれの位置を考えながら楽しく作っていらっしゃいました。

飾りのリボンの作り方も教えて頂き、素敵なスワッグが出来上がりました。

クリスマスまではそのまま自宅の玄関に飾り、その後は装飾品を変えてお正月用の飾りとしてもいいですね!

 

 

 

2スワッグ.jpg

 

形を整えながら揃えていきます

 

4スワッグ.jpg

松かさやリンゴの飾りは

グルーガンでつけていきました

 

3スワッグ.jpg

リボンも自分で作ります

1スワッグ.jpg

素敵な作品が出来上がりました!

   

 

笑顔ペーパースクリーン版画で年賀状作り講座笑顔    平成29年11月30日(木)

 

 ペーパースクリーン版画は、昔のガリ版刷りを応用したものです!!
講師は、数々の入賞経験をお持ちの光武榮一さんにお願いしました。
 光武さんは、ひまわり館で毎月第2・4木曜日に開催している「かたらしてカフェ」の
参加者で、昨年度は「かたらしてカフェ」内で2度講座をして頂きました。
今回は、「手作りの年賀状で新年を!」を目標に、版画を多くの方に広めようと
企画しました。

 今回の絵柄は、2種類。新年にぴったりの「来年の干支・戌」と「初日の出」です。
ペーパースクリーン版画作業の工程は、スクリーンに下絵を書き写す。絵の具を調合し、
1色ずつローラーで刷って色付けし、ドライヤーで乾かす。
この作業を1色ずつ繰り返しました。
同じ下絵でも、1枚1枚違う趣のある、世界にひとつだけの作品が出来上がり、
芸術にふれあう楽しい時間が過ごせました。
手作りの年賀状で来年もいい年になりますように。

 

版画5.jpg

色を調合し、スクリーンに!

 

2版画.jpg

1色ずつローラーで色づけ!

 

3版画.jpg

1色刷るごとにドライヤーで乾かします!

4版画.jpg

来年の干支・戌の年賀状が完成!

   

 

◆ 陶芸教室 ◆  平成29年11月24日(金)

 

11月の陶芸教室は小石原焼の伝統技法である飛びかんなを学びました。

飛びかんなとは、ロクロを回転させながら湾曲したかんなで化粧土部分を削り取って、模様をつける技法です。

今回は器にも各々の色をつけていき、素敵な作品が出来上がりました。

 

次回は今年度最後の陶芸教室です。

この一年でみなさんステップアップされ、出来上がってくる作品を見るのがとても楽しみです。

 

 

 

1陶芸.jpg

前回の作品

 

2陶芸.jpg

みなさん真剣に聞いていらっしゃいます

 

4陶芸.jpg

太田先生より指導のもと

飛びかんなに挑戦です!

3陶芸.jpg

 

個性豊かな作品が出来上がりました!

   

 

◆ 陶芸教室 ◆  平成29年9月22日(金)

 

 今回は、年に1度の館外研修で、小石原の太田先生の工房と「マルワ窯」を総勢20名で
出かけました。
 陶磁器の里、小石原での陶芸教室、いつもと違った新鮮な気分になりました。
 太田先生の工房にて板物・ロクロで作品を作りました。何度も訪れた方も多く、慣れた手つきで
作業されていて、持参された植物で飾り付けされるなど個性豊かな素敵な作品が沢山出来ました。
焼き上がりが楽しみです。


 道路がようやく開通し、7月の九州北部豪雨で被害の大きかった地区を通っての研修でした。
2ヶ月以上たつのに、なぎ倒されたままになった木々も多数見られました。
被害の大きさを
改めて思い知りました。一日も早い復興を心より願っています。

 

 

陶芸館外研修1.jpg

ロクロまわして作品作り!

 

陶芸館外研修3.jpg

ロクロでの作品!焼き上がりが楽しみ!

 

2陶芸館外研修.jpg

型を使って板物作りに挑戦中!

陶芸館外研修4.jpg

個性豊かな作品が出来上がりました!

   

 

 ◆ 陶芸教室 ◆       平成29年7月28日

 

今回は板物に挑戦しました。

太田先生より説明を受け、どんな作品にするか、みなさん真剣に考えていらっしゃいました。

周りの方の作品も参考に、出来上がりを想像しながら考えるのもとても楽しそうでしたよ。

平皿、花器、表札など素敵な作品がたくさん出来上がっていきました。

 

今回作った作品は次回の館外研修で太田先生の工房「マルワ窯」を訪れた時にお渡しできます。

楽しみにしていて下さい。

 

6陶芸.jpg

 

前回の作品が出来上がってきました

 

 

 

 

2陶芸.jpg

 

 太田先生の説明を真剣に聞いていらっしゃいます

 

 

 

 7陶芸.jpg

 

どんな作品にするか考えるのも

楽しみのひとつですね

 

 

  3陶芸.jpg 

 

 

焼き上がりが楽しみですね!